不動産売却の特例適用について

mini_image_tokurei不動産を売却したとき一定の要件を満たすときは、下記の様な特例の適用を受けることができます。

(特例の適用については、本ページでは詳細な要件の説明をしておりません)

不動産売却に関する税制上の様々な特例

居住用財産(マイホーム)を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例

所有期間が10年を超える居住用財産を売却した際に税率が軽減される特例

収用交換等による譲渡をした場合の特別控除

国等に対する譲渡や収用交換などによる譲渡の際に譲渡所得から5,000万円控除できる特例

居住用財産(マイホーム)を譲渡した場合の特別控除

居住用財産を譲渡したときに譲渡所得から3,000万円控除できる特例

特定の居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

特定の居住用財産を譲渡し譲渡損失となった場合には、給与所得などとの損益通算や譲渡損失を翌年以降に繰り越すことができる特例

居住用財産の買換え特例

居住用財産を売却して譲渡所得がでた場合に、一定の譲渡所得金額の課税の繰延べをすることが出来る。

(特別控除などと異なり、課税を先に繰り延べる特例のため、買換資産の売却時には課税されます。)

居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例

居住用財産の買換え等を行い譲渡損失となったときは、一定の損失金額を給与所得などとの損益通算や譲渡損失を翌年以降に繰り越すことができる特例

特定の事業用資産の買換え特例

特定の事業用資産の買換えを行ったときには、譲渡所得のうち一定の金額の課税の繰延べができる特例

(特別控除などと異なり、課税を先に繰り延べる特例のため、買換資産の売却時には課税されます。)

よく利用される特例の紹介をしましたが、上記以外にも特例があります。

不動産売却の際に特例が使えるか確認したい方へ

ご自身の譲渡に特例の適用が出来るか(諸要件の確認)につきましては、状況等によって異なり、本ページでそれらを詳細に説明することも難しいため、相談にてフォローさせていただいております。

初回無料のメール・電話相談を設けておりますので、特例適用の可否でお悩みの方は、一度当事務所にご相談ください。

soudan_flow
1.メール・お電話

不動産に関する税金の相談をしたいという方のほか、当ホームページ内の記載でよくわからない所がある場合もお気軽にご連絡ください。

2.直接の相談

メールまたはお電話でのご相談の後、より詳しい資料に基づき直接の税金相談をご希望の場合は、日時・場所をお打ち合わせいたします。

3.ご依頼

税金に関する書類作成・各種手続きの代行や、不動産業者様向け顧問契約サービスなどをご要望の場合は、業務依頼のお申込となります。

不動産の税金に関するお悩み相談は、初回無料にて随時承っております。メールでご相談内容を送信される方は、下記のフォームをご利用ください。24時間受付中です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご相談内容を簡潔にお伝えください

お電話でのご相談をご希望の方は、不動産の税金相談ダイヤルをご活用ください。「不動産税金相談のホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

ページトップへ戻る