不動産の売却の税金でお困りの方へ

mini_3box_1個人が、不動産を売却して利益が出た場合には、譲渡所得(不動産売却の利益)に対して所得税が課税されます。

また、不動産を売却した場合に損失が出た場合には、一定の条件を満たしているときは、給与所得など他の所得と損益通算することにより、所得税を減額することができます。

では、課税の対象となる譲渡所得はどの様に計算するのでしょうか。

譲渡所得の計算方法

不動産を譲渡・売却した場合には、次の計算式で譲渡所得を計算します。

譲渡所得の計算式

譲渡価額(売却価額)-{取得費+譲渡費用}

★税率については、売却した不動産を取得したときから売却した年の1月1日までの所有期間に応じて税率が適用されます。

  • 所有期間が5年以下の場合  39.63%(所得税、復興特別所得税、住民税)
  • 所有期間が5年を超える場合 20.315%(所得税、復興特別所得税、住民税)

取得費について

上記の算式の中の取得費は、原則として、土地や建物の取得価額や建築費用を利用します。
(ただし、建物については、減価償却費相当額を差し引いた金額となります。)

では、下記の例を利用して実際にどの様に計算するかご説明します。

<例>10年前に取得した土地建物を6,000万円で売却した場合

《取得時の購入代金》  《売却時の仲介手数料》

土地 3,000万円      180万円

建物 2,000万円

まずは、減価償却費相当額を計算します。

【減価償却費相当額の計算】

2,000万円×0.9×(償却率)0.031※2×(経過年数) 10年=558万円

※2 木造で居住用の場合の償却率

その後、譲渡所得を計算します。

【譲渡所得の計算】

(売却代金)6,000万円- {(取得費)3,000万円+2,000万円-558万円+(譲渡費用)180万円}=1,378万円

不動産売却にかかる税金・税額でお困りの方へ

以上、ザッとご説明しましたが、税金や税額は各々状況によって具体的な額や、計算上気をつけなければならない点などが変わってきます。

不動産売却にかかる税金(譲渡所得に対する所得税)でお悩みの方は、当事務所まで一度ご相談いただければと思います。初回のメール・電話相談は無料ですので、「まずはちょっと、この点だけ確認だけしたい」など、税金に関する些細なお困りごとでもお気軽にご相談ください。

soudan_flow
1.メール・お電話

不動産に関する税金の相談をしたいという方のほか、当ホームページ内の記載でよくわからない所がある場合もお気軽にご連絡ください。

2.直接の相談

メールまたはお電話でのご相談の後、より詳しい資料に基づき直接の税金相談をご希望の場合は、日時・場所をお打ち合わせいたします。

3.ご依頼

税金に関する書類作成・各種手続きの代行や、不動産業者様向け顧問契約サービスなどをご要望の場合は、業務依頼のお申込となります。

不動産の税金に関するお悩み相談は、初回無料にて随時承っております。メールでご相談内容を送信される方は、下記のフォームをご利用ください。24時間受付中です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご相談内容を簡潔にお伝えください

お電話でのご相談をご希望の方は、不動産の税金相談ダイヤルをご活用ください。「不動産税金相談のホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

ページトップへ戻る