相続した不動産を売却する場合

mini_image_souzokubaikyaku相続で取得した不動産を売却した場合には、取得の時期や取得費の計算に利用する購入価額等は、被相続人(お亡くなりになられた方)が取得した日や取得した価額を利用します。

なお、相続人が支払った登記費用や不動産取得税も取得費に含めることが出来ます。

また、相続から一定の期間(※1)に土地等を売却した場合には、一定の算式により計算した相続税額を取得費に加算することができます。(ただし、相続税額を加算した取得費により譲渡所得が発生しない場合でも、確定申告書の提出が必要です。)

※1 相続の開始の日の翌日から相続税の申告期限の翌日以後3年を経過する日までの期間

相続で取得した不動産を売却したが、どの費用が取得費に入るかわからない場合には、一度、当事務所にご相談ください。

soudan_flow
1.メール・お電話

不動産に関する税金の相談をしたいという方のほか、当ホームページ内の記載でよくわからない所がある場合もお気軽にご連絡ください。

2.直接の相談

メールまたはお電話でのご相談の後、より詳しい資料に基づき直接の税金相談をご希望の場合は、日時・場所をお打ち合わせいたします。

3.ご依頼

税金に関する書類作成・各種手続きの代行や、不動産業者様向け顧問契約サービスなどをご要望の場合は、業務依頼のお申込となります。

不動産の税金に関するお悩み相談は、初回無料にて随時承っております。メールでご相談内容を送信される方は、下記のフォームをご利用ください。24時間受付中です。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

ご相談内容を簡潔にお伝えください

お電話でのご相談をご希望の方は、不動産の税金相談ダイヤルをご活用ください。「不動産税金相談のホームページを見た」とお伝えいただくとスムーズです。

ページトップへ戻る